<   2006年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

10月のライブ

10月もライブ、いっぱいです。

1日、上尾「ワールドフェア」
ワッシー、えりか、ナナオ3人の、ミニルーツバンド。1:15から15分だけの演奏。
プラス、4時前くらいにワッシーとコンゴ人のコンガ奏者ムクナのセッションあり

6日、上野「ウォーリアーケルト」

14日、梅島「ユーコトピア」
キーボード;まっちゃん、トロンボーン;浜野がルーツバンドに復帰しますよ。

28日、恵比寿「ディケンズ」

詳細は、追ってアップしていきます。
f0094700_043713.jpg

by wouassi | 2006-09-27 00:15 | 最新ライブ情報

私のほんとの力

f0094700_13492218.jpg

9月24日
ウララー そろそろ私の苦手な季節が終わります!!!
これから私のほんとの力がもどってきます。
涼しくなったから新曲のアイディアがいっぱい来た。
たぶん皆さんはこれを読んだら笑っちゃうね、アフリカ人が夏に弱いなんて。
おやすみ夏。おはよういい季節。
ワッシー
by wouassi | 2006-09-24 13:50 | ワッシーFAX通信

カフォンのレッスン訪問

本日は宮地楽器にてカフォンを教えている
ワッシー「先生」を訪ねました。
生徒さんがたたくクラーベのリズムに、
ワッシーがフィルを加えていくと、
もう立派なセッションになっていました。

f0094700_2334740.jpg

by wouassi | 2006-09-15 23:04 | フォトレポートなど

ほっかいどう

f0094700_2282638.jpg


9月14日
北海道
三味線とパーカッションで面白いツアーが岩見沢、滝川、留萌、小原であった。
地元の公民館で学校の行事だった。
面白かったこと、びっくりしたこと。
1−小学生と中学生が観客だったけど、みんな始めて黒人を目の前で見たんだ。ツアーは2人のセネガル人と一緒で、彼らは私よりずっと肌の色が黒いから、子ども達は黒人でも肌の色が違うと驚いていた。
2−北海道の生徒たちは東京の生徒達に比べると、とても真面目。
3−北海道の天候は私の両親の出身地、西カメルーンと同じ。
4−小原から千歳空港まで車で5時間かかった。ウララー
5−生徒達は黒人が三味線を弾いてソーラン節をそれもフランス語で歌ったことに、ほんとにびっくりしてた。
ワッシー
by wouassi | 2006-09-15 02:29 | ワッシーFAX通信

ンダンジ

f0094700_047354.jpg


9月9日
おはよう
最近カメルーンのお母さんの村のいい夢を見てる。
それはンダンジのお祭りの夢で、ンダンジはお母さんの村のリズムの名前だ。
この踊りは酒を飲みながら、腰でリズムを取って踊るんだ。
お母さんの村の名前はバンガンテ。だいたい土曜日曜はお葬式がある。お葬式が
ンダンジのお祭りで、みんな泣きながら楽しく踊る。日本のお葬式とはずいぶん
違うね。
ンダンジの演奏はたいこの音と歌が一緒になっている。
楽しい!!!
ワッシー

f0094700_050109.jpg

by wouassi | 2006-09-11 00:47 | ワッシーFAX通信

9月のライブ

9月は、
1日、上野ウォーリアーケルト 
9日、草加アコスホールにてチャリティーコンサート
16日、西白井「アンの家」

ワッシーの「夏バケ」も終わる頃でしょう。(夏バテのいい間違い。絶妙です)
詳細はまたお知らせいたします。
by wouassi | 2006-09-02 13:14 | 最新ライブ情報

上野ウォーリアーケルト

音楽は楽しいね。
f0094700_12501975.jpg

f0094700_12504698.jpg

f0094700_12513796.jpg

f0094700_1252433.jpg

f0094700_12522890.jpg

by wouassi | 2006-09-02 12:53 | フォトレポートなど

草加ミニライブの写真

8月31日に行われた草加でのミニライブの様子です。
f0094700_21343694.jpg

f0094700_21345344.jpg

f0094700_21353849.jpg

by wouassi | 2006-09-01 21:32 | フォトレポートなど

本日1日は、上野ケルトに出演

開演は8時です!!!
9月一発目のライブ、
上野「ウォリアー・ケルト」です。
by wouassi | 2006-09-01 16:19 | 最新ライブ情報

keyboard: 松田信男、まっちゃん

f0094700_038581.jpg

f0094700_0374856.jpg

信男 まっちゃん
彼のプレイスタイルは、パリの兄ブリース ワッシーのバンドのキーボード、ド
ン ジヴィンに似ている。
ー耳がいい。
ーリズム感にあふれた演奏をする。
ーテンポを完璧にキープできる。これはワッシーにとってとても大事なポイント
この全部のことを彼が持っているので、私がドラムをたたく時に自分の気持ちを
全部出すことができる。
ーバスドラムをちゃんとアフリカンスタイルでたたける。
ーハイハットも色々なポリリズムを安心してだせる。
日本ではこんなプレイヤーは簡単にはみつからない。テクニックに偏らず、魂か
らの演奏をバンドに気持ちをあわせながらやっている。
(音楽ってそういうものだよね。)
ワッシー
by wouassi | 2006-09-01 00:38 | メンバー紹介 by ワッシー