カテゴリ:ワッシーへのキーワード( 9 )

電車、地名

[電車]
ワッシーは東京近郊の電車事情、
特に効率のいい乗り換えパターンと終電に詳しい。
そんじょそこらの東京人もかなわない。
いろんなところでライブをやって、
いつも終電で帰るからだ。
変なカメルーン人だ。

[地名]
それどころか、日本中の地名を知っている。
小中高校でアフリカの打楽器を使ったワークショップを開くため、
日本中を旅しているからだ。
そういうときワッシーは、民族衣装を着て出かける。
Boy meet World.
by wouassi | 2006-12-14 16:36 | ワッシーへのキーワード

居酒屋、ウーロンハイ

[居酒屋]
日本語も、箸の使い方も、枝豆の味も居酒屋で覚えた。友人に限らず、支援者とも、多くは居酒屋で出会った。居酒屋で見つけたバンドメンバーもいる。ワッシーの夢はパリで居酒屋を開くことだ。

[ウーロンハイ]
居酒屋に入るとまず生ビールを一杯飲む。その後はずっとウーロンハイ。悪酔い予防のため、ちゃんぽんはしない。ウーロンハイが薄いと店員を叱るので、焼酎のボトルとウーロン茶を別に頼むのが無難だ。

f0094700_2264585.jpg
f0094700_2271153.jpg

by wouassi | 2006-12-01 21:59 | ワッシーへのキーワード

ネコ、血液型

f0094700_16493213.jpg

[ネコ]
ワッシーはネコが苦手だ。音もなく近づいてくる動物は怖いのだそうだ。「え〜、でもカメルーンにはトラやライオンがいるんでしょ」と聞くと、ワッシーは笑いながら「そんなの見たことないよ」と言う。

[血液型]
不明。「どうして日本人は血液型と年を知りたがるの?」とワッシーは不思議がる。なのに、居酒屋では血液型談義に楽しそうに加わっている。気をつかっているのだ。ということはA型なのかな。
f0094700_1652658.jpg

by wouassi | 2006-06-28 16:50 | ワッシーへのキーワード

東武動物公園、響き

[東武動物公園]
ある日、パリで暮らすお兄さんに「何か日本語を教えてよ」と言われた。ワッシーが教えたのは「トブドブツコエ~ン」。確かにフランス語っぽいもんな。でもお兄さんには難しかったようだ。

[響き]
ワッシーが好きな日本語。トンカツ、トントロ、タンタカタン(焼酎の名前)。「太鼓の音みたいで楽しいでしょ」とワッシーは言う。どれも居酒屋のメニューに載っているものばかりじゃん。
f0094700_11424524.jpg

by wouassi | 2006-06-19 11:34 | ワッシーへのキーワード

師匠、新内

[師匠]
ワッシーの曲の歌詞の中には、ときどき師匠の名前が出てくる。新内の師匠、富士松菊三郎さんをワッシーは尊敬しているのだ。感謝しているのだ。稽古も熱心に通う。だけど、正座は今だに苦手である。

[新内]
18世紀に上方から江戸に伝わった浄瑠璃のひとつで、哀しく切なく身に迫る節回しが特徴。西洋音楽の楽譜では表現し切れない、あいまいな旋律とリズムに、ワッシーは魅せられてしまったのだ。
by wouassi | 2006-05-14 13:34 | ワッシーへのキーワード

ジェントルマン、石頭

[ジェントルマン]
決して酔っぱらわない。酔ったかなと思ったら、飲む量を自主的にセーブする。酒で醜態をさらしたくないのだ。いつも人に失礼がないように気を配っているし。紳士なのである。それとも気が小さいのか。

[石頭]
物腰は柔らかいし、激論もしないけど、実は相当な頑固者である。相手に話を合わせているようで、よく聞いていると決して意見を曲げていない。そういえば「おかしいよ」というのも口癖のひとつだ。
by wouassi | 2006-04-20 07:19 | ワッシーへのキーワード

ケンチャナヨ、出身地、宗教

[ケンチャナヨ]
ワッシーの好きな言葉。朝鮮語で「なんとかなるさ」の意。ひんぱんに口にする。しかしそれが、楽天的な性格だからなのか、本当は心配性で自分に言い聞かせているだけなのか、真実のほどは不明。

[出身地]
ワッシーはだれかと出会うと必ず出身地を聞く。名前は忘れても、出身地は覚えている。そしてカメルーン人であるワッシーは、「アフリカ人」と言われたり、アメリカ人と思われたりするのが嫌いだ。

[宗教]
カメルーンの宗教は、現地固有のものが40%、キリスト教が40%、イスラム教が20%。ワッシーのおうちはアミニズム的な現地固有の宗教だけど、ワッシーが信仰しているのは音楽の力だ。
f0094700_1652543.jpg

by wouassi | 2006-04-12 16:33 | ワッシーへのキーワード

三味線、楽譜、拍子

[三味線]
新内で使うのは「中棹」と呼ばれる三味線。ワッシーがライブで弾いているのは、津軽三味線などでも使われる「太棹」。ワッシーは「三味線は打楽器だ」と言う。なるほど。ばちで叩いているわけだ。

[楽譜]
楽譜が先にあるんじゃない。まず音楽があって、それを写したのが楽譜なんだ。そんなわけでワッシーの作る曲に楽譜はない。ライブのたびに長さが変わったりもする。バンドのメンバーは大変だ。

[拍子]
ワッシーの作る曲には、日本の音頭で使われる8分の6拍子だとか、カメルーンをはじめさまざまな民族音楽に見られる9拍子、13拍子なんていう難解なリズムの曲がある。バンドのメンバーは大変だ。
f0094700_12223141.jpg


ライブあります。
4月2日(日)代々木 GAUSS(ガウス)
open17:00 start17:30
前売1500円、当日1800円
4月オープンの新しいお店、小田急線参宮橋駅改札口を左に1分歩き、左側に郵便局があり、その正面のビルの地下がGaussです。

4月15日(土)恵比寿 What's the Dickens!(ディケンズ)
open17:00, start20:00
問い合わせ;03-3780-2099(ディケンズ)
by wouassi | 2006-03-30 09:35 | ワッシーへのキーワード

[バイリンガル]

ワッシーはさまざまな言葉をあやつる。話せる言葉をうまい順に並べると、フランス語、英語、日本語、河内弁、カメルーンのいくつかの部族の言葉、朝鮮語、中国語(ビールを注文することだけはできる)。
by wouassi | 2006-03-30 04:38 | ワッシーへのキーワード